ホームケアホームケア
【キレイ髪習慣】

【キレイ髪習慣】

正しいヘアケアを覚えてキレイ髪をつくりましょう!!

キレイ髪習慣

今回は髪の乾かし方について

ただ乾かすだけではもったいない!正しい髪の毛の乾かし方を覚えれば髪のダメージも抑えられますし、キレイな髪をつくる習慣になります!
今回は意外と知らない正しい髪の毛の乾かし方を説明していきます。

①まずはシャンプー後、髪が濡れていると、表面のキューティクルが開いた状態になります。 髪が傷つきやすいままにしておくということになるのです。 キューティクルが開いた状態は、髪の栄養が流れ出てしまいやすくなっています。髪を濡れたままにしておくことはダメージの原因になるのでなるべく早く乾かすようにしましょう。

②乾かす前にまずはきれいに乾かすための準備が必要です。濡れた髪のままだと毛先が絡まっていることが多くはないでしょうか?そのまま乾かしてしまうと無理に引っ張ってしまいダメージの原因になったり、キューティクルがねじれている状態なのできれいに乾かなくなってしまいます。まずは流さないトリートメントをつけてクシでとかします。濡れた髪の毛は痛みやすいので歯が粗めなクシを使うようにしてください。クシを通すことでトリートメントも髪の毛全体に馴染みますし、キューティクルを整えてから乾かすのでツヤも出やすくなります。

③髪の毛の根元、中間、毛先ではダメージの状態は違います。基本的には根元から毛先にかけてダメージが強くなっています。根元は乾きにくく、毛先は乾きやすい状態になっています。まずは根元から乾かしていきましょう。

④キューティクルは根元から毛先にかけて鱗状になっています。それを整えるためにドライヤーはなるべく上からあてるように乾かしましょう。ドライヤーの熱によりキューティクルが整いツヤがでます。

⑤さてキレイに乾きましたか?まだパサつき、ゴワつきを感じる場合はもう一度流さないトリートメントをつけましょう。②でつけた流さないトリートメントはドライヤーの熱から髪を守るためでもあります。しかし乾かすということはやはり水分、油分は蒸発してしまいます。ダメージの強い髪の毛だとトリートメントの成分を蓄えにくくなっているのでパサつき、ゴワつきが残ってしまいます。そこでもう一度トリートメントをつけることで保湿にもなりますし、手触りも良くなります。(乾かしたあとのトリートメントはつける量を少なくするとベタつきません。ベタつきが気になる!という方も多いですがつける量に気をつけると大丈夫です。)

ここでもわかるように髪の毛はすごく弱いです・・・しかし!きちんとケアをすることでキレイにすることができます。手間はかかりますがきれいな髪の毛の魅力を作っていきましょう!!

店舗詳細

Atelier JD PARIS 大森店

Atelier JD PARIS 大森店(アトリエジーデーパリ オオモリテン)

TEL:050-3542-6580
住所:東京都大田区大森北1-8-2セントラルウエルネスクラブ 1F

店舗の詳しい情報はこちら

この記事作成者の関連記事

もっと見る

この記事が気に入ったらシェアしてね