ニュースサロントリートメント
驚きの連続!“泡サプリ”トリートメントってどんなの?

驚きの連続!“泡サプリ”トリートメントってどんなの?

プロユースのヘアケアでおなじみの「Amatora(アマトラ)」から新たに“泡サプリ”トリートメントが発売されたとの情報を聞きつけ、早速ビューティーナビ編集部が体験してきました!

383

ビューティーナビ編集部

驚きの“泡サプリ”トリートメントが発売されたらしい

髪や頭皮の悩みがある時、ホームケアもいいけれど「効果を実感したい」「きちんとケアしたい」という思いからサロントリートメントを施術する方も多いはず。
今回、そんなサロントリートメントで「泡のサプリが発売された」という情報を聞きつけビューティーナビ編集部が体験会に参加してきました。

訪れたのは、表参道の人気サロン「ACQUA omotesando」。
受付を済ませると早速席に案内されて、担当スタイリストさんがトリートメントの説明をしてくれます。

噂の泡トリートメント、その名は「upoon(アプーン)」

泡トリートメントの正体は、Amatora(アマトラ)から2017年10月3日に発売された「upoon(アプーン)」という実感型ボリュームアップ・ヘアサプリメント。
従来の被膜系トリートメントではできなかった髪と頭皮の同時ケアで、髪のハリ・コシ低下やボリュームダウンの要因にアプローチ。泡のサプリなので、ダレずに髪と頭皮にとどまりしっかりと成分を浸透させ、ダメージによってしぼんだ髪を物理的にふくまらせることができます。たるんだ頭皮と髪内部のゆがみをケアすることで、健やかに根元から立ち上がり、ハリ・コシのあるイキイキとした髪へと導いてくれるとのこと。
これは、期待大です!

施術開始!

まずは、シャンプーをして髪と頭皮についている汚れを落とします。すすいだ後、そのままシャンプー台でトリートメント施術が始まるのかと思っていたら、軽くタオルドライしてセット面へ。
そう、泡のトリートメントでダレないので、セット面での施術が可能なんです!

そうこうしているうちに、「upoon UP1」の塗布がはじまります。

ここで従来のトリートメントであれば頭皮につかないようにしますが、upoonの場合は頭皮にもしっかり泡を行き渡らせます。
「upoon UP1」は髪の骨格を形成しているシスチン結合に働きかけてダメージを補修。更に「アルギニン(アミノ酸)」によって有効な成分が髪に入りやすい状態をつくります。

一通り泡に包まれたらそのまま「upoon UP2」の塗布へ。先ほどの泡の上にさらに泡を重ねていきます。
「upoon UP2」は栄養成分を髪全体へ補給し内部へと浸透させつつ、「ヒアルロン酸」「フルボ酸」が頭皮を保湿しながら健やかな髪が生える環境へと整えます。

ここまでの2工程でたっぷりの泡に包まれていますが、upoonは3ステップトリートメント(髪のダメージによっては4ステップ)。
頭がまだ泡泡のまま続いて「upoon UP3」の塗布へと移ります。
「upoon UP3」は唯一のクリームタイプとなり、ダメージを補修するとともに、熱反応型トリートメント成分がキューティクルを引き締めて栄養を髪にしっかりと定着させます。

そして最後に「upoon UPα」。こちらは、髪質によっては使用しない場合もあるということですが、それほど強くない細い髪の著者は使用。
ハイダメージの場合に追加される「upoon UPα」は、「プラチナケラチン」とCMCが髪を保護し、指通りとツヤを改善し髪の強度も高めてくれます。

施術中も資料を元に内容の説明をしていただきました。

仕上がりは・・・??

全ての薬剤塗布が終わり、シャンプーしたところで髪を触りましたが、いつものシャンプー終わりよりも髪がしっかりしているのを実感。
髪を乾かしただけでも、その違いがはっきりと判るほどに髪にコシが出ており、ブローなしでも根元の立ち上がりが違いました。

upoon 驚きのポイント

①セット面で施術可能

②サロントリートメントイメージを覆す頭皮と髪の同時ケア

③ブローだけで実感できるボリューム感

upoon体験を終えて・・・

これまでサロントリートメントは何度か受けてきましたが、やはり頭皮までしっかり塗布するものというのは初体験でした。それも被膜系ではないシリコンフリートリートメントだからこそ。もちろん、すぐに効果を感じることができたのも驚きで、髪のボリュームに悩む大人の女性にぜひ体験してもらいたいトリートメントです。

ちなみに、ホームケアには「QUOmezzoforte(クオメゾフォルテ)」がオススメとのことで、ダブルで使うとより髪の生命力の高まりを実感できるとのこと。
気になる方はぜひお試しください!

≪お問い合わせ≫

株式会社 Amatora(アマトラ)
TEL:03-6228-5685

Amatora(アマトラ)公式サイト

この記事が気に入ったらシェアしてね

この記事の関連タグ