お悩みQ&A詳細

質問をする

カラー用シャンプーってふつうのシャンプーと何が違うんですか?

2

2017.06.06(女性/46歳/石油系女子)

ヘアケア 成分

カラー用シャンプーってふつうのシャンプーと何が違うんですか?

知りたい人数 26

それ知りたい

通報する

回答一覧

はじめまして!原宿・ウィルゴの橋元リョウイチと申します。


美容師はシャンプーを成分表示で判断します。化粧品登録のものであれば必ず記載されています。

最初に水、そして注目するのはその後の「界面活性剤」とよばれる成分です。

これで強いシャンプーなのか優しいシャンプーなのかを判断します。

カラー用のシャンプーは優しい成分で作られることが多いです。

これはカラーでダメージを受けた髪は、ちゃんと弱酸性の状態に戻るまでは傷みやすくなっています。

ですので、シャンプーは優しいものを使った方が良いという考え方です。

髪はきちんといたわってあげると、色持ちも良くなりますので、カラー用という風にわかりやすく商品登録されているということですね!

よく言われている「アミノ酸系」もしくは「両性界面活性剤」などが優しいシャンプーの代表的な成分になります。


参考になればと思います。

参考になった人数 4

参考になった

通報する

ZEST bis

高橋 隆一さんからの回答

2017.07.04

石油系女子さん
初めまして!
ZEST bis 高橋隆一です♪
お悩みについてアドバイスさせていただきます!

ズバリ!カラーが落ちすぎないように洗浄力を優しくしているシャンプーです!!

市販のシャンプーは特に界面活性剤と呼ばれる汚れを落とす成分(食器洗い洗剤にも入っている成分)
がたっぷり入っているので
泡立ち良し・スッキリ・髪の毛キュッキュッ・もしくはギュッギュッツと感じます。
カラーはめっちゃ落ちてしまうわけですね!!!

それに比べるとカラー用シャンプーは
泡立ちが悪い、ぬめり感が残る!
などの感想がありますが、洗浄力が優しいので泡立ちは悪く感じますが汚れは落ちてます。
ぬめり感も泡立てをしっかりすれば残りません!

カラーの色もちが1週間は変わりますよ!!

お試しあれ!!!参考までに!!

参考になった人数 0

参考になった

通報する

質問をする

お悩みQ&Aカテゴリー検索