動画お悩み
【髪が広がる...】そのお悩みを解決!!そもそも髪が広がる原因は?対策方法は!?一挙大公開☆

【髪が広がる...】そのお悩みを解決!!そもそも髪が広がる原因は?対策方法は!?一挙大公開☆

髪の広がり...この時期は特に気になる方が多いのではないでしょうか。そもそもなぜ髪が広がるのか?原因を知れば、解決・対策方法が分かります(*^_^*)皆様のお悩みが、少しでも解決出来るよう、BEKKU hair salonから様々な解決・対策方法をご提案致します♪

・なぜ髪が広がるのか

髪の広がる理由は大きく、

・乾燥
・水分量
・ダメージ
・毛質

この4つです!


乾燥


髪が乾燥すると、髪の毛のまとまりがなくなり、
静電気も起こりやすくなるので、より髪が広がりやすくなってしまいます!

乾燥の原因となるのは、洗髪やタオルドライの間違ったやり方、
髪の乾かし方、過度なヘアカラー・パーマ、
紫外線などのダメージ、日々のストレス、
偏った食生活...などが考えられます。

これらを改善することで、髪の乾燥が抑えられるでしょう!!



水分量


髪の毛の理想的な水分量は11%〜15%!!

髪の水分が少ないことで、切れ毛や抜け毛など、さまざまな髪のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

そして逆に水分量が多すぎるパターンも、ダメージなどの原因にもなります。

髪の毛は水分を吸いやすいように出来ています。

15%以上の水分量の状態は半乾きに近い状態のイメージ

なので、多すぎる水分で毛が膨潤してしまい、
お風呂上がりに乾かさないでいるのと同じになってしまうのです!

髪のトラブルを防ぐためにも、適度な水分量を確保する必要があるといえるのです。



ダメージ


ダメージについては、後程詳しくご説明しますが、
ダメージでキューティクルがボロボロになってしまった毛は
毛と毛の馴染みが悪くなり、髪の広がる原因にもなります。

キューティクルがボロボロになると、水分量も抜けやすくなるので
乾燥気味になりがちな点も注意です!


毛質


最後に毛質。

毛質は人によって、癖や生え方に違いがあります。

くせの場所、くせの形によって広がりやすくなってしまうパターン
毛量が多く広がりやすいパターン

など...

髪が広がる原因としてあげれらますが、生まれ持った髪質なので、
中々根本から変えることは難しくなっています。

ご自身の髪質を加味し、そこを上手く活かしたスタイルにしてみると、
また違った自分に合うスタイルが見つかりそうですね♪

・解決方法 『オススメシャンプー、トリートメント』


皆様、髪の広がる原因はわかって頂けましたでしょうか?


...では、ここで!

髪の広がりを防ぐ方法の1つ

普段使うシャンプー・トリートメントでの

解決方法をご紹介します^_−☆


Bekkuからのオススメは、こちら!

ウエラ のシステムというシリーズのシャンプー、トリートメントです!


そのシステムのシリーズの中でも、特にオススメなのが…

【ハイドレイト】

というタイプです!

こちらはシャンプーです!

先程、水分バランスが大事と言ってたと思うのですが…

髪の水分バランスを整え、髪にみずみずしいうるおいを与えて
保湿効果を持続させ、乾燥をしっかり防ぎます☆

軽やかな仕上がりは、細い髪の方にもお薦めです

そしてさらに+αでハイドレイトのトリートメントもオススメです!

BEKKUでは、トリートメントを3種類ご用意しておりますが、

その中の1つで、スチーマーを当てて行う4stepトリートメントがオススメです!!


写真のように、いくつかのトリートメントを合わせて付けていきます!

先程のシャンプーと合わせて行うと、しなやかさと滑らかさを長時間キープしてくれて

水分バランス、資質バランスが整った、美しく、しなる髪へと導きます!


うるおいに満ちた髪をキープし、柔らかい手触りに仕上げてくれますよ!




このようにシャンプー、トリートメントでも解決出来るのです!

本当にシャンプー、トリートメントで治るの?

って思った方も居るかもしれませんが...


そこの半信半疑の方!ぜひ、お試し下さい!

・ダメージから守る 『紫外線、コテ、自然乾燥、、』

髪が広がる原因の1つである

「ダメージ」

髪のおさまりやまとまりをより良くするうえで、この「ダメージ」から髪を守ってあげるという事がとても大事になってきます。

今回は、そんな「ダメージ」3種類と
それらから髪を守る方法を紹介していきます!

①紫外線


髪の毛のダメージの原因の一つが紫外線。

言うまでもなく、紫外線は肌だけでなく髪にも降り注いでいますが、
髪はほかのどのパーツよりも太陽に近く紫外線ダメージを受けやすいにもかかわらず、
肌ほど紫外線対策ができていない人がほとんど。


それこそが、コンディションが悪くなる原因のひとつなのです。


・紫外線から守る

髪への紫外線は、UVスプレーで対応を。

ベタつきが少なくヘアスタイルを崩さずキープできるので、
お出かけ前、スタイリング後の髪にシューッとスプレーして日中の紫外線ダメージから髪を守りましょう。

また、肌と同じように、持ち歩いて2〜3時間おきにつけなおすと、紫外線防御効果を保てます。

汗をかいたりタオルで拭いた後もスプレーのつけ直しを。

髪についた水分を、タオルなどでこまめに拭き取ることも忘れずに!

②コテやアイロンによるダメージ

ダメージの原因として考えられる2つ目は、

コテやアイロンによるダメージ。


コテやアイロンの熱が髪に与える影響として、

「乾燥によるキューティクルへのダメージ」と

「タンパク質の熱変性(タンパク変性)」があります。


☆乾燥によるキューティクルへのダメージ☆

うろこ状に重なって、髪表面を覆っているキューティクルは
髪のツヤ感や手触りに大きく関わっており、
キューティクルが剥がれたり傷んだりすると枝毛や切れ毛の要因にもなります。


☆タンパク質の熱変性(タンパク変性) ☆

ほとんどがタンパク質で出来ている髪の毛は、熱を与えすぎると固まってしまいます。
生卵に熱を加えると、ゆで卵になるのと同じ原理ですね!

これを、「タンパク質の熱変性(タンパク変性)」といいます。

「タンパク質の熱変性(タンパク変性)」により、
髪内部のタンパク質が集まって固まってしまうと
あちこちに埋まらない空洞(ダメージホール)が出来てしまい
髪が濡れてキューティクルが開くたびに、
髪内部の成分や水分が流出しやすくなります。


「タンパク質の熱変性(タンパク変性)」は、
髪が乾いている状態だと約130℃ぐらいから
髪が濡れていると、約60℃ぐらいから熱変性が始まってしまいます。


・熱ダメージから守る

タンパク質の熱変性(タンパク変性) 」を考えた場合
熱変性の心配の無い130℃以下でスタイリングした方が、髪に優しいのは事実です。

しかし、コテやアイロンを髪に当てたとき、
コテやアイロンの発熱部分は冷えた髪に熱を奪われるため、
約50℃ほど温度が下がります。

そのため、極端に低温でスタイリングした場合
カールやストレートがつきにくく、同じ毛束に何度も・じっくりとコテ・アイロンを通すこととなり
髪へ過度に摩擦や熱を与えてしまい、結果的にダメージに繋がる恐れも…


また、低温でスタイリングすることで
朝から夜までキープされない巻き髪・ストレートヘアになってしまうことも…

それならば、
高めの温度・短時間でカールやストレートを作る方が
仕上がりはもちろん、髪の傷みも少なく済みます!

③自然乾燥


そもそも自然乾燥は良いのか悪いのか、
よく分からない方が多いと思います。


実は、自然乾燥が悪いのではなく、

“髪の毛が長い時間濡れている事”

が良くないんです!!


理由は...

1髪の毛のキューティクルが開いている

2雑菌が増殖しやすい


まず1のキューティクルについて。

髪の毛の構造上、一番表面になるのが、キューティクル。

このキューティクルは性質上、濡れる事で開き、
乾いて水分がなくなる事で閉じる構造になっています。

なので、お風呂上がりにタオルで拭いた後、髪の毛が濡れている時間が長ければ長いほど、

キューティクルが開いていて、せっかくサロンで綺麗に入れたカラーやパーマ、トリートメント成分が

キューティクルの間からどんどん流失してしまう。


なので、タオルでしっかり拭いた後に、アウトバストリートメント!

洗い流さないトリートメントを
たっぷり付けて粗めのクシで梳かし、丁寧にドライヤーをかける。

これがしっかり出来れば、カラーやパーマ、サロントリートメントの持続性を高める事ができます!

次に2の雑菌の増殖について。

これは洋服などの洗濯物に例えるとわかりやすいです!

洗濯機で綺麗になった洋服を、広げず、ハンガーにもかけず、数時間放置したらどうなるでしょう?

シワだらけになり、型崩れ、おまけに生乾きの嫌な匂いが発生してしまいますよね・・・。

実は髪の毛や頭皮もこの現象と同じ事が起きているんです!!

想像するとビックリですよね。

増殖した雑菌は匂いの原因になるだけでなく、
頭皮の痒みや炎症などの皮膚トラブルにもつながる可能性があります。

頭皮のためにも、自然乾燥は避け、なるべく早く水分を飛ばす事が重要となります!!

自然乾燥はできるだけ避けた方がいいかもしれません!


ということで、
今回は3種類のダメージについて
ご紹介させていただきました!

髪が広がったりふくらむ方は参考にしてみて下さい!

・「前髪崩れない方法」


1日仕事で走り周っても前髪の崩れない方法をご紹介していきます!

前髪を固めて崩れなくする方法と
汗をかいても巻きが取れたり、クセが出てこなくする方法を解説してます!

どちらも2分ぐらいで出来るので動画を見て参考にしてみてください!

一日中走り回っても【崩れない前髪の作り方】

1日中走り回っても【崩れない前髪の作り方】

・『朝広がる髪の直し方』


朝広がる髪、、、

忙しい朝でも簡単に出来る直し方を
動画で簡単にまとめてみました!

美容師が教える広がる髪の毛の直し方【乾かし方】

ポイントは

・根元から濡らす
(広がっている中間〜毛先だけでなく)

・全体を根元から色んな方向にしっかり乾かす

・最後は後ろから前に乾かす

大きくこのくらいです!!

最初から押さえつけて乾かしても
ペターとしてしまい
自然なふわっと感がでません。

是非動画を見てお家で参考にしてみてください☺️

・広がりやすい髪【スタイリング方法】


広がりやすい髪のスタイリング方法ご紹介‍♀️

ポイントは4つ!

①ワックスを手の平全体に伸ばす

②内側から付ける

③中間から毛先に付ける

④耳掛けする時耳の後ろをぐっと押さえる


これさえ覚えてしまえば、
朝のスタイリングが楽ちんになります!

現役美容師が教える、髪が広がりやすい方の簡単スタイリング講座

簡単に動画にしたので

是非参考にしてみて下さい!

まずは、生活習慣の中で意識を...


今回は、

【髪の広がり】

に関する、原因や解決策をお伝えしてきましたが、
いかがでしたでしょうか??

様々な原因がありましたが、
生活習慣の中で意識していけば、
変えていける事も多くありますね!!

少しでも、悩める皆様の参考になれば嬉しく思います!

BEKKU hair salonでは、様々なお悩みに合わせて、
スタイルの提案もさせて頂いております♪

是非一度ご来店頂き、お悩みを一緒に解決でしていきましょう!!


この記事が気に入ったらシェアしてね

美容室詳細

BEKKU hair salon

BEKKU hair salon(ベック ヘアサロン)

TEL:050-8890-8802
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-21-6Le Soleil7ビル 2F

美容室の詳しい情報はこちら

このサロンの記事

もっと見る