サロントリートメントお悩み
表参道で髪の修復修繕!スペシャルケアの『自社調合ナノ水素水トリートメント』

表参道で髪の修復修繕!スペシャルケアの『自社調合ナノ水素水トリートメント』

キレイな髪を生み出し続けるLAULEA表参道。そのスペシャルメニューとして群を抜く人気の「水素水トリートメント」は、髪の栄養補給を完結!トリートメントの領域を越えつつある、まるでヘアエステのような新感覚ケアメニュー☆オーガニックカラーとの相性も良く、カラーの色持ち仕上がりのクオリティを一段上げます!

Before 『ナノ水素水トリートメント』

傷みによる乾燥・広がり・うねりの状態から施術開始

コテやアイロンなどにより傷んでしまった髪。どうにかしてキレイにしたい。毛先になるにつれてキューティクルや栄養が不足している状態。ダメージにより髪は乾燥しやすくなり、広がりやパサつき、うねりや手触りが悪くなります。髪には常に潤いと栄養が必要なのです。

まずは髪のコンディショニング。サロンで作りたての「水素水」を十分に塗布し余分な汚れや皮脂を除去。身体のだけではなく、髪や頭皮のコンディションも整えます。ラウレアではサロン内で作りたての濃度の濃い水素水を常に使用しています。

飲料水としても提供してる「水素水」。身体の中だけでなく、髪や頭皮のコンディションも整えます。水素水は老化や身体の不調の原因になる悪玉活性酸素を外に排出する作用があります。これにより髪がキレイな状態になり、その後のトリートメント栄養分の吸収率が上がります。水素水濃度も非常に重要。ラウレアではサロン内で作りたての濃度の濃い水素水を常に使用しています。

「超微粒子モルビドスチーム」にて髪の水分補給完了

約0.26ナノメートルという超微粒子で高品質のモルビドスチームを使用することで奪われた水分を取り戻します。「髪にやさしい施術」ができる次世代のスチームを使用しています。キューティクルの隙間から髪の内部に浸透、コルテックス内のマクロフィブリルまで到達可能に。水分をしっかり髪の内部まで潤わせてからトリートメントスタートです。

髪に必要な栄養分を兼ね揃えた泡タイプのトリートメント1剤を贅沢に塗布
栄養トリートメント1液。泡のタイプでふんわりとやさしく髪を包み込みます。まるでヘアエステをしているかのような贅沢な施術法。柔軟弾力のアミノ酸、ハリコシのケラチン、保湿成分のヒアルロン酸を髪に注入。

続いて2液は乳液タイプ「独自のキューティクルマッサージ」にて栄養補給
栄養トリートメント2液。乳液タイプでハケで丁寧に塗り込みます。髪のケア「独自のキューティクルマッサージ」にて髪の芯まで栄養分を送り込みます。ここでは技術者の手の動きにもぜひ注目していただきたい。愛情をもって髪を美しくします。

その後加温し髪の内部や芯まで栄養分をしっかり浸透させる
熱を加えることにより栄養分の浸透率が上がります。しっかりを栄養を髪に吸着させることがトリートメント長持ちの秘訣です。

一度流し、3液と4液の「コーティング剤」を塗布

栄養が髪に浸透したら一度流します。ここで余分なトリートメントを流し落とします。ベストな状態になったら3液・4液のコーティングケアを施します。髪内部に入った栄養分を包みこみ、外に逃がさないようにする大切な工程です。横になりながらの施術ですのでどうぞごゆっくり堪能してくださいませ。

トリートメント施術終了。乾かすと見違える髪質に

濡れている状態でも髪がまっすぐしなやかになっています。髪一本一本に芯ができ、ハリやコシのある栄養髪に仕上がります。クシでとかすと一目瞭然。つるつるさらさらです。しっかりドライヤーで乾かして髪を守ります。自分の髪は手グシで乾かすと感覚の違いがとてもよく分かります。

After 厳選トリートメントで蘇った髪。

髪のスペシャルケア「修復修繕」

潤いのあるストレスフリーな髪質へ仕上がり。同じ髪の量なのにボリュームダウンして感じとれます。潤いと栄養が兼ね揃った髪は全く違う髪型に見えます。トリートメントでこんなにも美しく髪の状態が変わります。

Before→After

仕上がり。トリートメント施術前と施術後。同じ髪の量なのにボリュームダウンして感じとれます。潤いと栄養が兼ね揃った髪は全く違う髪型に見えます。トリートメントで美しい髪は作れ、継続できます。是非この感動を体験してみる価値あり!

『ナノ水素水トリートメント』×『オーガニックカラー』 LAULEA推奨イチオシのメニュー

この記事が気に入ったらシェアしてね

美容室詳細

LAULEA 表参道

LAULEA 表参道(ラウレア オモテサンドウ)

TEL:050-3759-2550
住所:東京都港区南青山3-9-12佐藤ビル1階

美容室の詳しい情報はこちら

この記事の関連タグ

関連タグはありません。

このスタイリストの記事

もっと見る