ヘアカラー美容室
【カラー技術紹介】技術開発20年!世界中を渡り歩き、生ネタから裏打ちされる職人的ヘアサロン☆

【カラー技術紹介】技術開発20年!世界中を渡り歩き、生ネタから裏打ちされる職人的ヘアサロン☆

こんにちは。suburbiaの黒柳 剛です。今回は、suburbiaの代表的な基本技術を一部紹介!技術の最終目的は『自分の髪を好きになってもらうこと』外国人風ではなく外国人化を目指す。答えがあるからこその提案力と納得の説明を☆

【カラー技術紹介】

【カラー理論1】根元をクッキリさせない/伸びてもグラデーション☆

ヘアカラーをする際、外国人風がコンセプトである以上、伸びても地毛とのつなぎ目が自然に繋がっているのをスタンダードとしています。

[1] 根元をベタ塗りしない。
[2] 根元のトーンを少し落とす。

この2つの計算が重なってはじめて”伸びてもグラデーション”が生み出されます。
上記2つの逆がクッキリの正体です!

それを良しとしない考えから生み出された独自技術です☆

【カラー理論2】4カップカラーが基本/一つの頭に4つの塗り分け☆

※4カップカラーとは、カラー剤を入れるカップのことです。このカップを4つ使い、塗り分けを行っていきます。

[NN]は、根元の根元・地肌の部分です。根元をくっきりさせないように塗っていきます。
[N]は、新しく伸びた部分です。新しく伸びた部分は、カラーが入りにくいので、しっかり塗っていきます。
[S]は、毛先の部分です。毛先は、カラーが入りやすいですが、抜けやすくもあるので、こちらもしっかり塗っていきます。
[SS]は、毛先の一番先の部分です。ダメージがもっとも強い部分なので、意識して塗っていきます。

このように4つに分けて塗ることで、赤みを消して色素薄めを実現できるんです!

この4つに分ける見極め自体が、外国人風色素薄めのための独自技術です☆

【カラー理論3】赤メラニンと黄メラニンの見極め/アナタはどっち?☆

メラニン色素は、大きく分けて [赤メラニン] [黄メラニン] の2つ存在します。

日本人のほとんどは赤メラニン。

正直、赤メラニンの消去の方が難易度は高く、見極めを間違えれば色素は薄くなりません。
カラーを塗る前のレシピ作りと、その前のメラニンの見極め技術自体が独自の視点技術です。

だからこそ ‐ suburbia ‐ では色素薄めのグレージュカラーを実現できるんです☆

【カラー理論4】赤メラニンを壊し、髪の色素を薄くさせます☆

実際、ブルー寄りにレシピングしない限り、単なるアッシュでは赤メラニンは消去できません!!また、何色にしようとも、元髪の赤メラニンを消去させるのは必須の技術。

カラーが思い通りに入らないのは、赤メラニンを消去しないから。。。

絵具で黒に赤を混ぜても黒が勝つ。黒は暗い。赤は黄色よりも暗い。グレージュよりも赤の方が暗い。

だから、赤メラニンは、全てのカラーを邪魔して色素が薄くなりません。

そこから始まった独自の技術☆


【カラー理論5】カラーレシピに茶色味が入ってません☆

年々変化する美容室用のカラー剤ですが、大半のメーカーが茶色味ベースに配色し終わった『どの髪質でも失敗しないカラー剤』を発売。

絵具は混ぜるほど濁ってしまうのと同じで、カラー剤もまた同じです。

すでに混ざった混色よりも、『個々のメラニンを見極め、原色と原色をメラニンに合わせてレシピングする。』
そうすることで茶色味を残さず、最終目的の「色素薄め」を透明感良く発色させたい!!

それから生まれた独自のレシピ技術☆


Suburbiaで色素薄めの「外国人化計画」スタート☆

数ある技術や理論から一部をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ここでは伝えきれない技術や髪形・髪色を見る視点がまだまだ存在します!!

まだ赤みをなくした外国人風の色素薄めを体感できていない方、ぜひ一度-suburbia-で本格的な色素薄めを体感してみてください♪


≪writer≫
黒柳 剛(クロヤナギ ツヨシ)

≪所属美容室≫
suburbia(サバービア)
住所:東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz Aoyama

この記事が気に入ったらシェアしてね

美容室詳細

suburbia

suburbia(サバービア)

TEL:050-3759-9829
住所:東京都渋谷区神宮前3-41-5

美容室の詳しい情報はこちら

このスタイリストの記事

もっと見る