ストレートお悩み
縮毛矯正やってみたい方必見☆縮毛矯正の手順と時間のかかる理由とは?

縮毛矯正やってみたい方必見☆縮毛矯正の手順と時間のかかる理由とは?

縮毛矯正の手順を詳しく解説☆

■縮毛矯正のお客様がご来店!時間はこれから約3時間!

カウンセリングで髪質をしっかり診断していきます。お客様のなりたいストレートのイメージを共有して、まずは髪の毛を洗います。

こちらの画像はカウンセリングもシャンプーも終わって、薬剤を塗布するところです。最初にしっかりトリートメントで前処理(ダメージを抑えるための処理)を施し、1剤と呼ばれる薬剤をつけていきます。こちらは髪の毛を柔らかくする作業で、髪質やダメージ具合によって薬剤を選んでいます。薬剤を付け終わったら時間を置きます。放置時間は髪質によって異なりますが、約10~20分です。

薬剤の軟化がいい感じ!付けた薬剤をシャンプー台のお湯で流します。

■ここからまたまた時間のかかる作業!「ドライ」と「ストレートアイロン」

1剤を流して髪を乾かしていくところです。髪質によって異なりますが、今回のお客様は乾かしながらブラシでブローしていきます。乾いたときにくせ毛が強く出るタイプの髪質はブローがとても重要です。しっかりブローでも伸ばしていきます。逆に濡れた状態でくせ毛が強く出る方は1剤での薬剤髪質コントロールがとても重要になります。

ブラシでのブローもいい感じ!次は細かいストレートアイロン作業へ!

■ストレートアイロンでしっかり伸ばしていきます。

細かくとってストレートアイロンで伸ばしていきます。幅はやく1センチ以下です。180度の熱でしっかりと伸ばします。このストレートアイロンの使い方で、自然なストレートヘアや超ストレートヘアなどにコントロールできます。

ストレートアイロンでの作業もいい感じに終了!次は柔らかくなった髪をもとに戻します!

■もう一度、薬剤をつけていきます。

ストレートアイロンが終わってつける薬剤を「2剤」といいます。柔らかくなった髪の毛を通常に戻してくれる効果があります。これを収斂(しゅうれん)作用といいます。こちらの作業がないと髪の毛にダメージが残ってしまします。過水と呼ばれる薬剤を使用、放置時間は約5~10分です。

2剤による放置も終了!シャンプー台のお湯で流して、いよいよクライマックス!!!

■カットして、乾かします。

カットも終えて髪の毛を乾かします。どんな質感になっているか楽しみですね!

■終了!

どうですかこの艶(つや)!!!艶は光の反射によるもので、このようなストレートヘアにたいしてとてもきれいに起こります。今までになかった髪質に出会える。ウィルゴの縮毛矯正はおすすめです!

いかがでしたか?

今回の施術は、ウィルゴのナノピコトリートメントと同時進行で縮毛矯正を施しました。トリートメントの内面から出る艶と、ストレートヘアの光に反射する艶でとても良い仕上がりに◎とても細かい作業で時間のかかるものばかりですね。美容室で時間をかけたので、朝のセットの時間がとても短縮で便利です☆縮毛矯正、とってもおすすめですよー☆

hair&make VIRGO(ウィルゴ)

東京都渋谷区神宮前2-32-3ニチハタビル3F
セット面10席
原宿のアットホームサロン
駅から少し離れた‛リラックスできる原宿エリア'で、芸能人・モデルのファンも多数。個性あるスタイリストたちが皆さまのご予約をお待ちしております☆

この記事が気に入ったらシェアしてね

美容室詳細

VIRGO

VIRGO(ウィルゴ)

TEL:050-8890-3009
住所:東京都渋谷区神宮前 2-32-3ニチハタビル3F

美容室の詳しい情報はこちら

このスタイリストの記事

もっと見る